講座詳細

サイエンスカフェみたか4月・第4回
身近な草花のヒミツ〜春の雑草を楽しむために

講座趣旨

サイエンスカフェみたかとは、NPO法人くらしとバイオプラザ21が企画するサイエンスカフェです。講義スタイルではなく、飲み物を手にしながらのカフェスタイルで、サイエンス=科学についての知識を深めてみませんか。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、ゲストや参加者同士で楽しく語り合いましょう。

ごく身近なところに生えている雑草。道ばたや空き地などの過酷な環境で、雑草たちはどのように暮らしているのでしょうか。今回注目するのは「花」。里山などに生える野草と比べながら、街でみかける雑草の生きざまに迫ります。タンポポを中心に、春の草花をたくさんご紹介します。

※参加費800円 茶菓子代を含みます

講座概要

講座日程 2014年 4月10日 (木)
時間 19:00〜20:30
定員 25 人
回数 1回
受講料 800 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
4月10日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学

講師

保谷 彰彦(ホヤ アキヒコ ) たんぽぽ研究者、科学ライター

 博士(学術)。専門はタンポポの進化や生態。農業環境技術研究所、国立科学博物館植物研究部勤務を経て、企画と執筆の「たんぽぽ工房」を活動の拠点。現在、文筆業やタンポポ研究と共に、講演会や「草花散歩会」などの活動を展開中。主な著書に『身近な草花「雑草」のヒミツ』(誠文堂新光社)、『外来生物の生態学』(文一総合出版、共著)、『たのしい 理科の小話事典』(東京書籍、共著)、絵本『じゃがいもくん しつもんです』(学研教育出版、監修)など。

戻る